読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ、そう。さっぱりわからん。

雑記帳、備忘録的なもの。

大人の正体

最近、立て続けに知人が亡くなりました。

一人は私の友人のお母さん、
もう一人は母の同級生でもある、
散々世話になった隣に住んでいるおじさん。

どちらの通夜でも(私の友人の方は密葬だったのですが、

最後のお別れと仮通夜に出席)、涙が出ました。

出そうとしているわけでもなく、
気がついたら泣いていた。

そんな感じです。

歳を取る度、出会いよりも別ればかりが増えて、

ついつい涙もろくなってしまいます。

人生経験が増え、辛さを乗り越えるスキルもついて来たはずですが、

むしろ若い頃より涙もろいくらいです。

体験しなければわからないなんて言いますが、

体験が増えたからこそ痛みが増すこともあるのだと。

若い頃「大人になる」とはどういうことだろうと考えた事が

幾度もありますが、これもその一つかもしれませんね。