読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ、そう。さっぱりわからん。

雑記帳、備忘録的なもの。

娘の学習熱

以前から、ムスメが

「塾に行きたい」

と言っていたのですが、実は早期教育反対の私は

まだ早い。

と却下していたのですが、小学校入学迄あと三ヶ月を切った今日この頃

真剣に学習塾について考えてみました。

ちなみに私は中学の終わり頃から、坂道を転がり落ちるように落ちこぼれた口で、高校に入ってからは奨学金が打ち切りにならぬ程度に勉強をしたタイプ。ただ、ある程度基礎学力があったおかげで、授業中は苦痛と迄ならず、得意教科はむしろ楽しかった記憶すらあり、
一方、夫はどうやら小学校のかなり早い段階でつまづいて、授業中がつまらなかったタイプ。

わたしはムスメに

いい学校、高学歴=成功者

と、教えるつもりはサラサラないのですが、少なくともきちんとした基礎学力と、学ぶことの楽しさを味わって貰いたいと願っているのですが、
現状、ムスメは自分の名前がひらがなでようやく書けて、だいだい他のひらがなが読めるかな?

と言った程度。

私自身の同時期と比べてみると、遥かにできてない。

私はやたら忙しい母と、イマイチかまってくれない祖母なのに、絵本や児童書だけは親戚からのお下がりが100冊以上あると言う、自習には持って来いの環境にあり(笑)、中途半端に教育熱心な母の意向で九九暗記玩具やら、ひらがな、カタカナ学習用玩具があったりしたので、簡単な計算や簡単な漢字まで読み書き出来たので、学校に入ってからも、勉強についてはすんなり入れ、勢い余って進学塾に入りたいとごねて通った口なので、今でも勉強自体は嫌いではないのです。

ムスメにも、学ぶことの楽しさを味わって貰いたい。
せっかくやる気になっているうちに、覚えて貰いたい。
親のエゴといえばそれまでなんですが、少なくとも授業が苦痛にならない程度にはなって貰いたい。

だからこそ、学習塾は慎重に選びたいんですが、ムスメは公文式をやりたいと言ってきたのです。

…いや、公文式って言えば、同じプリントを100点が取れるまで繰り返すだけじゃん。

しかも先生プロ教師じゃないところが大半だし。

理屈抜きでの反復練習も、全面的に否定する気もないけど、理屈が前面にきて、理由がない話にはテコでも動かないムスメには合わないでしょ。

と、即座に却下。

ムスメにも、キチンと話してみました。

「お友達が通ってる公文式は、全部まるになるまで同じプリントをやるのが基本。何故その答えになるのか、どう言う考え方なのか、一人一人に先生がついた方がよくない?」

ムスメにこう言うと、

「じゃあ、かあちゃんそーゆーとこさがしてきてねー?」

と納得してくれたので、飽きずにある程度対面でやってくれるところを、うちのようなど田舎で探してみました。

で、めぼしいところを見つけたので、3日にいってきます。

ムスメも楽しんでくれたらいいなぁ。

勉強って楽しいんだよ、とずっと話しているので期待を裏切らないと良いんですが。