読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ、そう。さっぱりわからん。

雑記帳、備忘録的なもの。

危うく火事に…

昨日の朝、叔母の家で危うく火事を出すところでした。

何があったかと言うと、

味噌汁を温め直すのに、何を思ったのか鍋からわざわざ笛吹きケトルに

photo:03


突っ込み、
さらに

排水溝のゴミ受け

photo:01

↑こんなの。

そしてさらに
ごみこし

photo:02

↑写真は金属製ですが、実際に突っ込んだのは、周囲がビニール製のもの。

まで突っ込んで

汁気が飛んで、爆発するまで火にかけた上で、中のプラスチックの物は解け、笛吹きケトルから炎上。

炎上がケトルと、グリルの周囲の汚れよけにしていたアルミの手前ですんだからまだよかったのですが、
家中プラスチックやビニールの焼けた匂いが充満し、
台所全体にススが。

$何じゃそりゃ!


$何じゃそりゃ!


見つけたのは私の母。
朝ご飯を食べたかどうか見に行った時には、火は消えていたらしいのですが、私も現場を見てゾッとしました。

一つ間違えば、叔母のうちはもちろん、同じ敷地内にある我が家、更には我が家より叔母のうちに接近して建っている、母の友人宅まで被害が及ぶ可能性があった訳ですから。

以前も多少、異常行動があったのですが、週に三回のデイサービスに行く様になってからは、単純に「忘れる」がメインだったのですが、とうとうシャレにならない異常行動が前面に出て来る様になってしまったのかと。

とりあえず週三回、一回一時間のヘルパーさんが来る時と、私か母が食事を作りに行く時以外はガスの元栓を閉めることにして、やり過ごす事にしましたが、叔母はカマドで火を付けて食事を作っていた世代。

直火を付けかねない上に、夜中に「ガスが使えない!」と、突撃されるリスクは避けられません。

一家崩壊しかねない。

はああああああ。