読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ、そう。さっぱりわからん。

雑記帳、備忘録的なもの。

香りの思い出

香水つける男性好き? ブログネタ:香水つける男性好き? 参加中



もともと香水やオーデコロンなんかがすきなので、
男性の香水も好き、で・す・が。

やっぱりその人にあっていたほうがいいと思います。

たとえば、誰がどー見ても「男らしい!」ぽい人から、あまーい香りがしたら、
印象には残りますが、なんかセンスないなあ、と勝手に思ってしまいます。

スポーツマンタイプなら、やっぱりさわやか系の香りであってほしいし、
落ち着いた感じの紳士には同じ香水は似合わないですよね。

もちろんこれは私の勝手な趣味の話ではありますが。

で、ここからが今回のお題「香りの思い出」ですが・・・・。

いまから10年ほど前、勝手に片思いしてた人が、いつもつけていた香水の
香り。
好きなくせにあんまり詳しくないので、いまだになんだったのかわからないですが、
ごくたまーによく似た香水をつけている人とすれ違うと、当時のことをふと思い出します。

好きには違いないんだけど、好きっていえないし、
だからといって、どうにかしたい気持ちはあるしで、モンモンとした日々。

結局、その人とは、何にもなく終わってしまいましたが、
歌じゃないですけど、思い出に残っていますね。


もうひとつ。

やっぱり似たような時期の話なんですが、今度はほんのちょっとだけお付き合いした
男性の話。

仕事やら、一人暮らしつらさやら、失恋やらで一番弱ってたときに、
やさしくされて「前から好きだったんだ、君さえよかったら付き合ってほしい」

そういわれ付き合い始めたのですが、後から過去の四つ又(同時に四人と付き合って
しかもその四人は全員友達。当然ばれて一気に振られたらしいんですが)事件のことを、
その彼の妹(実は私の友人)から聞かされ、
若かった私は一気に冷めてしまい、同時期に告白された違う男性と付き合うことに。

よくよく考えたら、私のほうがひどいんじゃないかと思うんですけど、
その後、お友達になってみて、あちこちで妹から聞かされた話とほぼ同じ様なことを
やっているのを見て、なんともいえない気持ちになったものです。

で、その彼なんですが、弱っていたというのもありますが、
その彼は私好みの香りを身にまとっていたんですね。
ムスク系の香りだったんですが、かなり微量でボーっとしてたら
わからないくらいなのですが、毎回彼から漂うその香りにころっと・・・・・・・・・。


かなり動物っぽい話ではありますが、結構私にとっては重要なことだったりします。

とはいえもう三十路をとっくに過ぎた私にとっては、
もう直ぐ四十路突入の夫の加齢臭の心配の方が、
よっぽど現実的な話なんですけどね(笑)






ランキング参加中・・・・
↓↓をポチッとしていただけると、
励みになります。。。


何じゃそりゃ!